松隆子《花のように(像花一样)》flac无损

  • 172.*.*.26
  • 于  2024-06-11 11:26  下载

作词 : SUNPLAZA

作曲 : 吉田美智子

编曲 : 佐橋佳幸

風が運ぶ風鈴の音に 振り返れば夏空

风带来风铃的声音 回忆起夏日的天空,

白いシャツの少年がいた ヒマワリの小径(こみち)

白T恤衫的少年身处在 向日葵的小径中,

君は何処へ消えたの ちょっと待っててと言ったきり

消失的你到何处去了? 只说了声“稍等一会”,

わたし何処を見てたの 眩しい方ばかり

无论我望向什么地方 都会是耀眼的方向

花のように 風のように いつまでも胸にあるよ

像花一样 像风一样 一直长存心中,

戻れるなら 戻れるなら 陽炎のあの日

若能回去 若能回去 那炎热的日子

夏を送る線香花火 ふいに肩を抱かれて

送夏的线香烟花 忽然双肩被拥抱着,

切なすぎる優しいキス さよならのかわり

过于难过 温柔的一吻代替了“再见”,

唇をかみしめて うつむいたまま歩いた

一边紧咬着唇 一边低着头步行,

君の涙の理由(わけ)を まだ知る由もなく

你的泪的意义 至今仍未清楚知道

花のように 風のように そのままで胸にあるよ

像花一样 像风一样 一直长存心中,

戻れるなら 戻れるなら 陽炎のあの日

若能回去 若能回去 那炎热的日子

どんなふうに 言うのだろう 今君がここにいたら

该怎样的说呢? 假如你此刻在这儿的话,

いまだ遥か 旅の最中(さなか) あの夏は遠く

仍然在遥远的旅途中 那个久远的夏

花のように 風のように いつまでも胸にあるよ

像花一样 像风一样 一直长存心中,

戻れるなら 戻れるなら あの夏のあの日

若能回去 若能回去 那夏天的日子…

按 ESC 关闭搜索